もしもに備える保険の意義とは

もしもに備える保険の意義とは

加入する前に考えること

日本では非常に多くの人が何らかの生命保険に加入しており、世帯加入率で見ると約9割以上となっています。
数多くある保険の中でも生命保険は最も身近な存在であり、誰もが心配する「万が一の時」に備える保険として広く認知されています。
しかし、身近な保険とは言っても実際には非常に高額な買い物であると言うこともできるのが生命保険です。
一生の中で最も大きな買い物と言われているのがマイホームですが、実は生命保険はマイホームに次ぐ2番目に高額な買い物なのです。
月々の保険料はそれほど高額なわけではありませんが、数十年単位あるいは一生涯払い続けるものですので、総額にすると何千万円にもなるのです。
これまでの生命保険は「お付き合い」だったり「知り合いに頼まれて仕方なく」といったケースが多く、真剣に生命保険の意義や保障内容を考えてこなかったという方も多いようです。
しかし上記のように、トータルで見れば非常に高額な保険料を支払うことになりますので、本当に自分に必要な保険なのか、あるいは保障内容が適切なのかということを考えてから加入することが大切なのです。
生命保険は、自分にもしものことがあった時に、残された家族が困らないようにするための大切な備えです。
月々の保険料と保障のバランスをしっかりと考えて、自分のそして家族のライフステージに合わせた保険選びをすることが重要なのです。

ライフイベント表を作ろう

自分にもしものことがあった際に必要となる保障額は子どもの成長過程などによって大きく変わります。
そのため、生命保険の契約を考える際にはまずライフプランを作成することがとても大切になります。
ライフプラン作りの基本は、ライフイベント表を作成することから始まります。
ライフイベント表というのは、簡単に言えば「未来の年表」ということになります。
現在を起点にして、未来に訪れる事柄を記入していきます。
例えば子どもがいる家庭であれば、幼稚園、小学校入学と卒業、中学校入学と卒業などといったように、進学の節目となる年をチェックし記入していきます。
表を作成することで、何年後にどれくらいの教育費がかかるかということを明確にすることができます。
ライフイベント表には、子どもの成長はもちろん自身の退職年なども記入しましょう。
また現在いる家族のように、年齢でそれぞれのイベントが確定するものだけではなく、「予定」「目標」といったものも書きこみます。
例えばマイホームの購入や、車の買い替え、家族旅行、第二子第三子の出産などといった事柄です。
ライフイベント表とまとめるコツとしては、「家族に関する項目」「夫婦に関する項目」「子どもに関する項目」と大きく3つに分けて記入するとわかりやすくなります。
漠然と考えていた事柄も、表にしてみるとより明確になり目標なども立てやすくなるものです。
そして、その時々によって必要となる生命保険の保障額も見えてくるようになります。